戸塚醸造
  • ホーム
  • 甕仕込み
  • こだわりの米と水
  • 米麹造り
  • 酢ともろみ(酒)造り
  • 米酢造り

2016年12月

2016年、今年もありがとうございました。

☆仕事納め☆

今年は通常の仕事に加え、新工場移転の準備で、戸塚醸造店始まって以来の忙しさとなりました。
改築工事等、なかなか思い通りに進まない事もありましたが、無理することなく焦らず、充実した一年となりました。

昨年の『純米 心の酢 上澄み無濾過』に続き、今年は『心のぽん酢醤油』 がInternational Taste & Quality Institute - iTQi (国際味覚審査機構)にて、優秀味覚賞二つ星と評価されました。ありがとうございました。

今年も大晦日まで忙しく、そして楽しく仕事をすることが出来ました (^-^)
菌たちも休むことなく、元気にアルコール発酵、酢酸発酵と頑張っております。

ご愛顧いただいてる皆様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました m(__)m
来年も心を込めたお酢造りに精進して参りますので何卒よろしくお願いします m(__)m


☆走り納め☆

今年は、移転準備で忙しい一年でしたが、『体調管理・ストレス発散』の気持ちで、無理することなく楽しく走り続けることが出来ました (^-^)

走って帰って、ちょっと遅くなることもありますが、自由にやらせてもらっている家族に感謝しています。
来年も子供たちと元気いっぱい走り回りたいと思いま~す \(^o^)/

2016年走行距離 2,092km
(2000年からの爆走距離 27,559km)

目指せ!地球一周!!まであと12,441km!

では、新年が皆様とって良い一年になりますように!
一年間ありがとうございました m(__)m

年内最後の。。。

寒い朝、澄んだ空、蒸気が映えますね~
CIMG6515.JPG

年内最後のお酒造りに入りました (^^)
CIMG6525.JPG
さぁ~ いい麹ができますように (*^-^*)

鹿児島から届きました~

遠く鹿児島からやってまいりました~ 1000リットルの甕18体でございます \(^o^)/

国内では作られていないため、なかなか入手困難な甕。。。 
扱っている会社もほとんど無く、いろいろ調べてやっと見つかりました。\(^o^)/
CIMG6495 (640x480).jpg
大型10t車は新工場まで入れないため、近くの広い敷地をお借りして搬入作業開始。

ユニックで釣り上げ、積み替え作業。。。
ちょっとでもぶつけたりして、ひび割れしたら大事件  慎重に。。。  慎重に。。。  Σ(゚д゚lll)
CIMG6501 (480x640).jpg

トラック2台で新工場へピストン輸送。。。
CIMG6503 (640x480).jpg
まずは、敷地内へ。。。
CIMG6506 (640x480).jpg
工場内に運び込み、無事に搬入作業完了 O(≧▽≦)O
CIMG6511 (480x640).jpg
さぁ~ これから何十年何百年丁寧に大切に使わせていただきますよ~ (^▽^)

それにしても、重さと緊張感で疲れた~~~ (o´Д`)=з

クリスマスへのカウントダウン

12月に入り、我が家ではクリスマスへのカウントダウンが始まりました~ o(^▽^)o
image1 (3) (640x640).jpg
お菓子入りの袋に日付が書いてあって、毎日一つずつおやつに。。。
image3 (640x640).jpg

image2-2 (640x640).jpg
楽しみながらクリスマスを待ちま~す o(^o^)o\(^o^)/o(^o^)o

工場移転のお知らせ

前身である『青苔寺米酢工場』から数えて38年、山梨県上野原市にて、純米酢造りに精進して参りましたが、
移転の準備を進めている事をお知らせ致します。

工場の老朽化に加え、2011年3月の東日本大震災による工場破損や甕のひび割れ、2014年2月の130cmを
超える記録的降雪による屋根破損などもあり、移転用地取得を一番の課題にしてまいりました。

そして、2015年12月25日 山梨県都留市夏狩へ新工場移転用地を取得いたしました。
自分自身への人生最大のクリスマスプレゼント。。。(^▽^)
CIMG5175 (640x480).jpg
この土地建物には、3年ほど前から ず~っと思いを寄せておりました。
何故ならば、『自然環境の良い場所』 『富士山伏流水』 という、
私の妥協のできない絶対条件を満たしていたからです。
CIMG5183 (640x480).jpg
この夏狩地区は、富士北麓に位置し、夏狩湧水群として『平成の名水百選』に選ばれており、
富士山の雪解け水が1日7000t、多数の湧水地から湧き出ています。
湧水地は工場から数百メートルの所で、工場内ではこの水を全てに使用することができるようになっております。

ただ今、移転に向けて増改築等、着々と準備を進めております。
上野原市からの完全移転には、1年分の熟成中のお酢があることや甕の移動を考えると1~2年はかかりそうですが、
来春までに工場を完成させて、まずは酒造部分の移動を目指しております。

今後ともよろしくお願いします。

1
ページ上部へ