戸塚醸造
  • ホーム
  • 甕仕込み
  • こだわりの米と水
  • 米麹造り
  • 酢ともろみ(酒)造り
  • 米酢造り

米酢造り

米酢の完成まで

静置発酵法

米酢造り 米酢造り 戸塚醸造

 

出来上がった酢もともろみを水で割り、良質の種酢と共に甕へ移します。35℃に暖めたまま、
約2~3ヶ月 の酢酸発酵が始まります。

種酢が加わった酢もともろみは、2~3日経つと表面が酢酸菌膜に覆われます。

菌膜が、酢もともろみに含まれるアルコール分を栄養にして、酸素を吸いながら、酢酸菌を増殖させていきます。

アルコール分がなくなり完成です。

熟成・熱殺菌・出荷

瓶詰めのサムネイル画像 瓶詰め 瓶詰め

 

8ヶ月以上 静置熟成させることにより出来た上澄みだけをビンに詰め、熱殺菌検品出荷となります。

ページ上部へ